9E0B0E69-14C9-49DB-BBD7-0F7B23B6F76B.jpg

「食の魅力、美しさを伝えたい」という食への想いから、フードフォトグラファーとして2016年に独立。

こだわりある個人飲食店や大手洋菓子メーカー、食専門媒体などの撮影を手がけ好評を得る。


2017年にはTV取材や雑誌取材などマスメディアから注目される。
食だけでなく美を追求する被写体として、ランジェリーブランドやコスメ商品などの撮影も手がける。
また、食に通じるものとして器や料理人などに焦点を当てた撮影にも積極的に取り組み、食のもたらす幸福感をPRする撮影を得意とする。


2020年これまでの集大成としてレストランにフォーカスしたフォトブックを出版。

 

「食」の魅力を感じるままに。

愛され続けるもの、人、食、文化
熱苦しいほどにこだわり抜く心
ただ綺麗なものではなく、「心が動く美しさ」を伝える。

そこに広がる全てと対峙し、ぶつかり、

Rinaというフィルターを通して表現する。

Rina became independent as a food photographer because she wanted to convey the "charm and beauty of food".

In 2016 photographing food for a wide range of clients including restaurants, magazines and famous confectionary companies.

By 2017, her photographs had received widespread media exposure and strongly positive reviews for their creative and artistic impact.

Since then, Rina has widened the areas where she works by collaborating with various creative producers to photograph lingerie and cosmetics drawing on her concept of “Beauty”.

Rina also developed her food photography work to include chefs and dishes, showcasing the happiness brought by food.

She published her first book in 2020. 

~ FEEL THE FOOD ~

People,Food, Culture, Well-loved things.
And a passion to present “Beauty that moves your heart”

Rina captures these moments of beauty through her lens.

サイン黒.png